甲南メディケミカル拠点

事業概要

「神戸医療産業都市」の中心地、ポートアイランドに位置するフロンティアサイエンス学部(FIRST)では、有機化学、無機化学、高分子化学、分析化学、材料化学、物理化学、コロイド化学、金属化学、ペプチド化学、核酸化学、創薬化学、分子細胞化学、医化学など、基礎から応用、また生命まで幅広い化学分野を専門とする教員が揃っており、医療に関する幅広いニーズや課題に対応可能なモノづくりを行う研究体制が整っています。例えば、現在は、創薬・薬物送達・イメージング・細胞治療・がん治療・センシング・診断などの医療技術の基盤となるモノづくり研究を行っています。FIRSTが得意とする医療関連モノづくりを、次世代医療の創出に不可欠な医療周辺技術や薬剤開発に発展させるための研究基盤を形成し、また、本事業を通じて、医療関連分野で活躍できる人材を育成するための環境を整備します。 本事業では、本学部の研究シーズを更に発展させ、「医師に優しい」医療周辺の技術、薬剤などの研究開発や関連分野の人材育成を通じて、人々の「健康の増進」をサポートする甲南大学ならではの『メディケミカル拠点』の形成を目指します。

FIRSTの教員、研究室についてはこちらをご覧ください。
FIRSTの研究・実験環境についてはこちらをご覧ください。

新着情報

研究について

  • 学部長挨拶
  • 教員・研究室紹介
  • 産官学連携研究
  • 甲南メディケミカル拠点
ページの先頭へ戻る