まーなび

創薬

薬とは、簡単に言えば、生体内のバイオ分子に作用する化学物質です。したがって、薬を設計するためには、細胞の働き、生体内のバイオ分子の構造や性質、生体内の化学反応等の知識を身につける必要があります。

さらに、これらの知識をもとに、薬分子が生体内で作用するメカニズム(薬理学)について学んでいきます。

また、薬分子を合成するのに必要な有機化学の知識や、微生物等に薬を生産させるバイオテクノロジーの知識も欠かせません。

  • バイオ
  • ナノ
  • ナノバイオ
  • ケミカル
  • 応用専門科目
細胞工学 薬理学 生命機能科学 発生学 生物無機化学 固体光化学 計測工学 高分子化学 生命物理化学 有機化 学と 分光法 生物有機化学 有機反応各論 環境 概論 食品関連 研究開発論 電気化学 生体分子工学 有機合成化学 創薬 医療関連研究 開発論 医療 国際産学 分子生物学 遺伝子工学 序論 無機化学 量子物理化学 序論 生化学 生命分析化学 序論 構造有機化学 有機電子論 序論 基礎専門・専門科目 応用専門科目 クォーター 科目 前後期 集中科目
ページの先頭へ戻る