【フロンティアサイエンス研究科】 杉本 渉(博1)さんが日本学術振興会特別研究員(DC1)に採択されました。

2019.4.13

この度、甲南大学大学院フロンティアサイエンス研究科博士課程1年に在籍する杉本渉さんが日本学術振興会特別研究員(DC1)に採択されました。

特別研究員制度は、我が国の学術研究の将来を担う創造性に富んだ研究者を育成するため、優れた若手研究者に対して、自由な発想のもとに主体的に研究課題等を選びながら研究に専念する機会を与え、研究者の養成・確保を図る制度です。

研究課題「抗がん剤感受性を決定するアクチン動態の解析および新規治療標的の同定」

研究室HP

お知らせ

ページの先頭へ戻る